お使いのMacをスムーズに動作し続けるための重要なヒント10選

2024

Macは頻繁にメンテナンスが必要なPCではありませんが、いくら高性能なPCでも定期的な調整を行った方が快適に利用できます。

この記事を読んでいる方は、最近Macの動作に不満があったり、処理速度の低下を感じているのではないでしょうか。

ただ、Macは非常に高価なPCであり、処理速度が落ちたからと言って頻繁に買い替えることはできません。

今回はMacをスムーズに動作し続けるために重要な10個のヒントを解説します。単純な方法から最適化ツールを取り入れた抜本的な方法まで、Macを使っているなら知っておくと便利な情報が満載です。

Macが遅い原因

Macをスムーズに動作させる前に、まずは動作が遅い原因を知っておくべきです。原因を知っておけば動作不良になる前に予防できるだけでなく、最適な解決方法を見つけ出せます。

動作不良となる主な原因は以下の通りです。

  • スロレージの容量が不足している
  • スタートアップで設定しているソフトが多すぎる
  • バックグラウンドで起動するプログラムが多すぎる
  • OSをアップデートしていない
  • ハードウェアに何らかの原因がある

次の章でこれらの原因を解決する方法を解説していくので、当てはまる方は参考にして解決を図りましょう。

Macをスムーズに動作させるためのヒント10選

自身のMacに動作不良がある場合、以下のヒントを試していくことをおすすめします。

ここでは、簡単な方法からクリーンアップソフトを導入した抜本的な方法まで幅広く紹介するので、自分の利用方法にあった方法を選ぶと良いでしょう。

  1. 定期的に再起動する
  2. 展開しているアプリの数を減らす
  3. 不要なアプリをアンインストールする
  4. OSを最新の情報に更新する
  5. ストレージを最適化する
  6. スタートアッププログラムの数を減らす
  7. アンチウイルスソフトを実行する
  8. キャッシュをクリアする
  9. HDDをSSDに交換する
  10. クリーニングソフトを導入する

定期的に再起動する

Macは電源を落とさずにそのままの状態を維持しても、いつでも快適に作業を再開できるというメリットがあります。しかし、そのメリットを過信しすぎて電源をつけっぱなしにしてしまうユーザーが多いです。

もし、お使いのMacの処理速度が遅いと感じているなら、1度再起動を行ってみましょう。再起動には使用していないアプリやバックグラウンドソフトが閉じられる効果があり、メモリを新しく立ち上げクリーンな状態で作業を行えます。

展開しているアプリの数を減らす

展開しているアプリの数は、そのままメモリの消費量として見るべきです。つまり、多くのアプリを展開すればするほど、メモリは消費されMacの動作の妨げとなります。

多くのアプリを展開している時にMacの動作不良を感じる際は、必要なアプリを見極めて不要なアプリを閉じてください。これだけでメモリが解放され、処理速度は格段に向上するでしょう。

不要なアプリをアンインストールする

HDDの容量がアプリでいっぱいいっぱいになっている場合、不要なアプリのアンインストールや重複するファイルの削除を行ってください。

MacはアプリをインストールするとHDD上に保存されます。HDDの容量が少なくなることによってMac内でプログラムの検索スピードが上がり、処理スピードが改善します。

OSを最新の情報に更新する

古いOSは最新のOSよりも処理速度が遅いことが多いです。そのため、最新バージョンが公開された場合は、OSを最新情報に更新して最新のMacを利用するようにしてください。

ただし、OSのアップデートには予想以上の時間がかかる可能性があります。アップデートは作業のない時に実行するか、夜間に完了するように実施するか、実行するタイミングを見計らうことをおすすめします。

ストレージを最適化する

Macにはストレージの最適化機能があり、ストレージの最適化を設定しておくと、容量が足りなくなった時に使用頻度の低いファイルを自動的にiCloudに保存しストレージを解放してくれます。

動作不良が疑われる状況下でストレージの最適化を行えば動作スピードの改善が期待できるので設定しておきましょう。

スタートアッププログラムの数を減らす

スタートアッププログラムとはMac起動時に展開されるプログラムのこと。このプログラムが多ければ多いほど、起動に時間がかかり処理速度の低下を引き起こします。

スタートアッププログラムの中には、処理速度を向上させるものもあるため一概に起動を停止することはおすすめできません。しかし、Mac購入後に自分で追加したものや使用する過程で自動的に追加されてしまったものなど、不要なプログラムは停止する必要があります。

アンチウイルスソフトを実行する

MacはWindowsよりもセキュリティに優れているので、ウイルスに感染するリスクは少ないです。しかし、100%ウイルスを防げるものではなく、知らず知らずのうちに感染している可能性があります。

ウイルスによる処理速度の低下を防ぐためには、定期的にアンチウイルスソフトを実行するのがおすすめです。

キャッシュをクリアする

MacなどのPCは読み込みを早くするためにキャッシュを記憶します。アプリやウェブサイトを長期間使っているとキャッシュファイルが貯まっていき、ファイル容量が膨大になることもしばしばです。

キャッシュ容量の増大はMacの動作に悪い影響を与えるため、動作不良を感じた際はキャッシュを削除し容量を解放してあげるのが得策です。キャッシュの削除はFinderのライブラリフォルダ内で実行できます。

HDDをSSDに交換する

SSDはHDDよりもプログラムを早く処理できるため、交換することで動作を飛躍的に改善できます。

HDDはディスクに記憶するという構造上、どうしてもファイルの展開や検索に時間がかかり容量が多くなると動作不良を起こしがちです。その点、SSDはフラッシュメモリを採用しているためデータへのアクセスが瞬時に行えます。

クリーニングソフトを導入する

クリーニングソフトを導入すれば、古くなったキャッシュや使用頻度の低いファイル、ストレージの最適化がワンクリックで行えます。

長期間使用しているMacもクリーニングソフトを利用するだけで、処理速度の向上に加えて日々のメンテナンスも行えるのでおすすめです。

クリーニングソフトを導入するなら、不要データを瞬時に削除しストレージを解放してくれるCleanMyMac Xを検討してみましょう。

Macをスムーズに動作し続けるためのヒントまとめ

いかがだったでしょうか。この記事では、Macの動作をスムーズにするために必要なヒントを10個紹介しました。

動作不良の原因はさまざまですが、ほとんどの場合解決が難しいものではありません。今回紹介したヒントを試してみることで十分解決可能です。

普段使用しているMacを末永く快適に使い続けるため、定期的なメンテナンス実施やクリーニングソフトの導入を検討することをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました